セノーという会社のことを知らない人は多くても、その製品とは授業やクラブ活動で出会っている可能性が高いんですね。「スポーツと健康で未来を創る」メーカーとして、運動に関わるどのシーンでも身近な存在であること、スポーツ全体の縁の下の力持ちであることには誇りを持っています。また、セノーは納品したら終わりではなく、納品後のメンテナンスまで責任を持ってビジネス展開しています。安心してスポーツを楽しめる環境を提案することで、社会に貢献していると実感できることは大きなやりがいです。

営業統括部 入社24年目/新卒入社 (取材:2015年2月) ※記載の部署や内容は取材当時のものです。

現在の仕事内容を教えてください

全社的な営業部門での色々な営業的な計画を担当しています。中長期的な視点で売上げや受注の計画を立て、各部門が計画通りに進められているかを管理、推進していくのが主な仕事です。また、対外的な部分では、各スポーツ協会と営業の取り次ぎや、建築関係の取り次ぎも担当しています。

仕事の面白さはどんなところにありますか?

セノーにはその時節に合わせた「重点施策」とよばれるものがあります。例えば「今年はこの商品を売ろう!」ということが決まれば、全営業員に対してその商品の知識やセールスポイントを教育していかなければなりません。目標に向かっていく仕事なので、各拠点の責任者とも調整していくことで、全社的に一体感を生み出せた時、とても大きなやりがいを感じています。

印象に残っている仕事はどんなことですか?

営業統括部

ずっと営業の現場をやってきたので、いろいろな思い出があるのですが、特に印象に残っているのがナショナルトレーニングセンターの設立に計画段階から携わらせていただいたことです。一流のアスリートを育成する施設ですので、ほとんどの国際大会で使用される器具が揃っています。セノーは、ほぼすべての種目において器具を採用いただくことができました。世界トップレベルの施設と器具を体験することができたのはスポーツに関わる仕事をしている人間としては最高の経験でした。

ある1日のスケジュール
7:00   携帯でメールの確認
8:00   通勤
9:00   電話やメール等の対応
10:00   来客
スポーツ大会の合宿誘致に関する情報交換会
 
12:00   昼休み
13:00   製品開発に関する打ち合わせ
14:00   来客
体育館の空調に関する製品BIGASS FANに関する打ち合わせ。(豊田通商)
15:00  
16:00   外出。
プロバスケットボールチームの練習環境に関する打ち合わせ。(某バスケットチーム)
17:00  
18:00  
19:00   退社・帰宅