スポーツと健康の未来を創ること社長メッセージ

変わることのない製品の「安心・安全」への信頼

変わることのない製品の「安心・安全」への信頼

セノーはFIVB(国際バレーボール連盟)の公式サプライヤーとして世界レベルの大会に器具を提供しています。バスケットボール、体操競技の器具も多くの国際大会で採用されており、セノーの主力製品となっています。セノーの製品がここまで多くの国際的な大会で採用いただけるのはその高い品質にあると自負しています。素材や技術だけではなく、選手や施設が「安心・安全」に使用できるために数えきれない改良を加えています。東日本大震災の後に開発し、多くの施設で導入いただいた「吊下式バスケットゴールの耐震化ユニット」はその一つで、2018年にスポーツファシリティーズ大賞に選ばれスポーツ長官賞を受賞しました。来たるべく大会に向けて良いタイミングだったと感じています。変わることのない製品の「安心・安全」への信頼

スポーツを取り巻く環境の変化Change in the surrounding environment of sports

セノーは従来のスポーツ器具製造・販売のほかに、健康事業にも注力しています。健康事業は、トレーニングマシンなどの器具を提供するだけでなく、フィットネスクラブやスポーツジムなどの施設へプログラムの提供や運営コンサルティングなどを行うものです。ここ数年で健康への関心はとても高まりました。24時間運営のフィットネスクラブや女性専用のスポーツクラブなど、多様なニーズに応える施設も増えています。セノーが110年の歴史で培ったスポーツに関する知見を提供することで、器具メーカーとしてだけではない評価もいただけるようになりました。その分、セノーに寄せられる期待は高まっています。セノーはもっと成長できる、もっとやれる。新たな100年に向かって私たちはこれまでとは違う変化と成長が問われています。

新たな取り組みへの挑戦Challenge towards a new innovation

FROM PLAYERS

健康事業の新たなコンセプトとして「カラダ100年プロジェクト」を立ち上げました。100年歩けるカラダへ、100年考えて動くカラダへ、100年美しいカラダへ、の3つを実現していくためにセノーが持つ製品だけではなく、ノウハウを活かしたプログラム開発も進めています。その一つに、セノーがプログラム開発に携わった「モトタイル」という製品があります。これをリハビリで活用すると認知症予防の効果が期待できるという実験データが日本認知症予防学会で発表されました。健康事業を推進するセノーが自らの製品でその思いを実現できたことは大きな喜びでした。また、働く方々の健康づくりに貢献しようとする複数の企業から結成された「FROM PLAYERS」というプロジェクトにも参画しました。楽しく働き、健康にもいい、というコンセプトはまさにセノーが目指すものでもあります。

FROM PLAYERS

変わったところでは他業種とのコラボレーションも増えています。バンダイナムコアミューズメントさまと屋内アミューズメント施設向けに新型のトランポリンを共同開発しました。競技用とはまた違う視点での開発でしたので、セノーとしても新たな挑戦となりました。スポーツメーカー同士のコラボレーションではmolten(モルテン)さまと3×3(スリー・バイ・スリー)専用のバスケットゴールを開発しました。カジュアルなシーンでの使用やイベントパッケージとして展開しているので、セノーのゴールを目にしていただく機会は増えたかなと思います。

共同開発のトランポリン

共同開発のトランポリン

3×3専用バスケットゴール

3×3専用バスケットゴール

変化を恐れず挑戦する企業姿勢The company’s enthusiasm to challenge without fearing change

変化を恐れず挑戦する企業姿勢

セノーには「ファイティングスピリット(Fighting Spirit)」「フェアプレー(Fair Play)」「フレンドシップ(Friendship)」の3つの”F”の精神があります。どんなことにも臆せず挑戦し、誠実に仲間と協力して取り組む。この気持ちを持ち続けているのがセノーの社員たちです。新しい事業や取り組みについては部門を超えたプロジェクトチームが結成されます。世代や役職を超えたプロジェクトチームでは遠慮はいりません。20代の若い社員がプロジェクトを率先している姿を目にすると、良い意味で世代間のギャップを感じさせない会社になっていると感じています。もちろん組織である以上、規律は必要です。プロジェクトチームはお互いが異なる立場だからこそ自分の仕事や能力を活かせる場でもあります。挑戦することができる環境、それがセノーで働くことの魅力ですね。

セノーの成長を支えるのは社員一人ひとりの成長であるGrowth of Senoh is supported by the growth of each and every employee

グローバル社会に向けて、社員教育にはより力を入れています。セノーは決して大企業ではありません。一人一人の能力を高めていき、それを組み合わせていくことが発展の礎となります。同じ会社でも部門や立場が異なれば価値観は異なります。どれが正しいというわけではなく、それぞれが最善を尽くすことでより大きな課題をクリアできると考えています。社員ひとりひとりが自分の仕事や能力を最大化させるために、定期的に業務ローテーションは行うようにしています。プロジェクトチームもその取り組みのひとつです。セノーが期待に応えていくために、会社が成長していくために、ひとりひとりが確実に成長していく必要があります。それを支える制度も少しずつ整えてきました。挑戦し、成長していく。その気持ちが人一倍強いのであればセノーで力を発揮できることでしょう。スポーツと健康の未来を創る、この企業ビジョンを新しい時代にを担うみなさんと共有できれば、これほど嬉しいことはありません。