• Web製品カタログ
  • ENGLISH

製品紹介

  • previous
  • next
  • [Custom Goal]バスケットゴールをチームカラーに 合わせてカスタマイズ!
  • 楽しくカラダを動かして、脳の活動を活発に!
  • 「ラボード NEXT」は、ランニングに適したこだわりの 走行板と抜群の操作性で幅広いニーズにお 答えします。
  • MOVE☆Y!
  • AXILIZE(アクシライズ)
  • セノーの逆上がり練習器 くるっと
  • スポーツ器具の保守点検。安心できるスポーツ環境の為に…
  • 業界最軽量バレー支柱
  • ラボードLXS カラダはずむライド感
  • SNAP SPORTSあらゆる場所をスポーツの場に

セノーの逆上がり練習器「できたっ!」を苦手な子にも。

逆上がり練習器 くるっと

逆上がり練習器 くるっと
本体価格 ¥25,000 +税(台)(送料別)(鉄棒別)
◆重量:約4kg
◆素材:スチール
◆カラー:ホワイト
◆原産国:台湾
AT5000 Lサイズ W754 D394 H863mm (目安身長150~180cm)
AT5001 Mサイズ W754 D353 H758mm (目安身長130~150cm)
AT5002 Sサイズ W754 D353 H678mm (目安身長110~130cm)
※富山大学人間発達科学部 佐伯准教授監修
※くるっと(Qurutto)はセノーの登録商標です。

既存の鉄棒に装着可能

ワンタッチで既存の鉄棒に簡単に装着できます。
難しい調節もありません。

苦手意識を植え付けかねない「逆上がり」

サッカーや野球は日本でいちばんメジャーなスポーツですが、すべての人が必ずサッカーや野球を経験しているわけではありません。 しかし「逆上がり」は義務教育の課程のひとつで経験することもあり、小学校、早ければ幼稚園や保育園でだれもが経験する鉄棒運動です。 しかも「逆上がり」は、そんな幼少期に早くも「できる・できない」を体験してしまう運動でもあるのです。 つまり、ここでできない経験をした子はその時点で、運動に対してネガティブな感情を抱いてしまう可能性があるのです。

これまでの補助器だと…

現在最も多く利用されている逆上がり補助器は、下半身の上方移動を補助するためのものが主流です。しかしそれだと下半身のみの補助に終始してしまい、上半身は鉄棒から離れてしまうといった難点がありました。

全身補助でラクラク達成!  セノーの新『逆上がり練習器 くるっと』

◆上半身の後方の回転と下半身の蹴り出しを同時にサポート

逆上がりができない原因の一つに「後方回転感覚(頭を後ろに投げ出す動作感覚)の欠如」が挙げられます。
後方回転の感覚は実際に体験しなければ身につけることができません。
この逆上がり練習器は、補助に頼ることなく一人で何度も繰り返し練習することができ、後方回転感覚を つかむことが出来ます。さらに足の蹴り出し・振り上げ感覚も同時に養うことができるのです。
逆上がりが出来ない小学生37人がこの練習器を使用し練習を行った結果、37人中28人が1週間から1ヶ月以内に逆上がりができるようになりました※。
※富山大学佐伯准教授の実施した小学生への検証実験による。

逆上がり練習器を使用しない練習フォーム

後方回転のコツがわからず、腕が伸びお尻が下がってしまう。

セノーの逆上がり練習器を使用したフォーム

しっかりと頭を後方に投げ出せているため、身体が鉄棒から離れることなく回転できる。

取り扱い説明

この製品の開発ストーリを見る

  • 逆上がり練習器プロジェクトストーリー
  • Mizuno
  • Senoh WEB版2016製品カタログ
  • 製品のご購入を検討の方
  • ベルマーク商品のご購入について
  • 採用情報

ページトップへ