セノーは人と人の距離が近いので、礼儀がありつつもフラットでいろんな年齢の人と話ができます。
わたしは営業支店への配属となりましたが、明るく元気な方が多く新入社員のわたしもすぐに馴染むことができました。支店の人全員でサポートをしてくれるので、半人前な私でもしっかりと仕事ができています。

営業本部 関東信越支店 営業第一課入社1年目/新卒入社(取材:2017年2月) ※記載の部署や内容は取材当時のものです。

学生時代どのような勉強をしていましたか?

スポーツマネジメント学科でスポーツ分野における経営学やマーケティング、商品開発の勉強をしていました。
クラブチームにフィールドワークに行くようなこともありました。

セノーに入ったきっかけ

小学生のころからバスケットボールをやっていました。
大学に入学してから、プレイヤーではない違う視点でスポーツについて学ぶことで、将来はスポーツに関わる仕事をしたいという気持ちが強くありました。
また大学時代はフットサル部のマネージャーをしていたのですが、屋内の施設では床や壁が傷つくという理由から、屋内でフットサルができる場所が限られていました。
そのような経験から、セノーならば、どんな競技の人であっても楽しんで使える施設を作ることができるのではないかと思い入社を決めました。

現在の仕事を教えてください。

営業本部 関東信越支店 営業第一課 入社1年目/新卒入社

入社して半年後から、埼玉西部の担当として、一人で営業活動を行いながら納品までの一連の作業や規模の大きい工事の流れを勉強中です。
それまではエルダーと呼ばれる年の近い先輩社員のもとで、現場に一緒に出掛けて仕事の流れを見たり見積もりのつくり方を教えてもらったりしていました。
セノーは、取り扱う製品の金額が高額なため、一案件の規模が大きい仕事が多いのが特徴です。
一人で営業に出るようになりましたが、見積もり金額の大きな仕事の場合は、見積もり内容や仕事の進捗などを先輩に見てもらいながら進めています。
工事の現場では、ヘルメットをかぶって足場を組んだ高所で実測作業をすることもあるのですが、今ではだいぶ慣れてきました。他の男性社員は納品作業時に重い物を運ぶ事も多いのですが、そこまで重い物を持つ事ができないので、現場では自分ができることはなにかを考えながら仕事をするようにしています。

印象に残っている出来事はありますか?

初めて担当した体育館の工事で、間違った部品が届き工事が止まってしまったことがありました。
その場ではどうにかすることが出来なかったのですが、会社に戻り上司や先輩からアドバイスをうけ、工事現場の方にもフォローをしていただく事で、無事に工事を終えることができました。スムーズに進んだ案件ではなかったのですが、初めて担当したこともあり、終わったときは達成感がありました。

どんな後輩に来てほしいですか?

仕事なので、楽しいことばかりではありませんが、大変なときでも「スポーツに関われている」ということに喜びを感じられる人は向いている職場だと思います。
若い世代が増え、会社が成長していくためには何が必要なのか声を上げる事ができる、「やる気」や「チャレンジ精神」のある人は前向きにいい仕事ができると思います。

ある1日のスケジュール
7:00   起床 支度
8:00   出発
9:00   出社、メールチェック
10:00   見積作成・事務処理
12:00   支店方と昼食
13:00   担当現場へ打合せのため移動
 
15:00   打合せ(工期や仕様を確認)
16:00   移動
17:00   帰社
メールチェック・事務処理
18:00   退社
19:00   同期と食事