製品ピックアップ

PICKUP

モトタイル moto tiles

[moto tiles] 楽しくカラダを動かして、脳の活動を活発に

国際的に評価をいただいています

●第6回アジア太平洋高齢者ケアイノベーションアワード2018 『プロダクトイノベーション・オブ・ザ・イヤー -PRODUCT INNOVATION OF THE YEAR- 』部門で最優秀賞を受賞

●第7回アジア太平洋高齢者ケアイノベーションアワード2019 『イノベーション・オブ・ザ・イヤー – 認知症ソリューション – INNOVATION OF THE YEAR – DEMENTIA SOLUTION- 』部門で最優秀賞を受賞

●SilverEco and Ageing Well International Awards 2019(シルバーエコノミー&エイジングウェル・国際アワード2019)にて最優秀賞を受賞

福祉大国デンマーク発「考える+運動する」テクノロジータイル“モトタイル”

デンマークで開発されたモトタイルは、ロボット工学と遊びが融合した、運動タイルです。
LEDライトが組み込まれた10枚のタイルをタブレットで操作し、様々なプログラムに応じた運動が行えます。
「考える+運動する」といった、デュアルタスク(二重課題)能力の向上やバランス能力・筋力といった転倒予防に必要な能力向上運動を、ゲーム感覚で楽しくできることで無理なく継続することができます。

BZ2100
Moto tiles(モトタイル)
本体価格 ¥785,000+税/式

パネルサイズ:
幅300×長さ300×厚さ12mm/1枚
重量 500g/1枚
耐荷重 150kg
素材 PVC
再充電リチウム充電器 20時間連続使用可能

タイル10枚・充電器・タブレット 付き
ソフトウェア:デンマーク製
ハードウェア:中国製

モトタイルの特長

誰でも楽しみながらエクササイズ

ロボット工学と遊びが融合したモトタイルは、並べたタイルのライトの点灯に合わせながら、タイルを踏んでライトを消したり、タイルを踏んで音を鳴らすなど、だれでも簡単にゲーム感覚で楽しみながら運動が行えます。
製品に付属されているタブレットに入っている運動アプリ『モトアプリ』のプログラム数は豊富で、今後も追加されていく予定です。
パネルの配置によって、運動量に変化を加えることもできることから、幅広い年齢の方にお使いいただけます。

デュアルタスクエクササイズ

「モトタイル」を使ったエクササイズは、頭で考え身体を動かすという、2つのことを同時に行う必要があります。この、「モトタイル」を使用したデュアルタスクエクササイズ前後に、認知課題を健常な高齢者(62~80歳の男女22名)に実施したところ、エクササイズ後には、空間認知力と判断力に関連する認知課題の正答率が上昇することが分かった。
つまり、「Moto tiles(モトタイル)」を使用したエクササイズにより、場所を把握する能力や異なる色を見分ける能力などの認知機能が短期的に向上することを示しており、さらにエクササイズを継続して行うことで認知機能の向上が期待されるのです。

ブレインサイエンスマーク取得済み
※ブレインサイエンスマークについて
 →詳細はこちら
  ※日立テクノロジーズのページにリンクします

エクササイズ結果の測定評価

エクササイズ結果は、タブレットに自動的に記録されるため、利用者がエクササイズ終了後に記録を取る必要もありません。データは毎回蓄積されるので、前回と比べてどうだったかなど、利用者のモチベーション維持にも効果を発揮します。

モトタイルの開発について

開発者のご紹介
モトタイルはデンマークのHenrik Hautop Lund(ヘンリック ハウトップ ルンド)氏によって開発されました。
デンマーク工科大学プレイウェア・センター創設者でありセンター長。日本でもなじみのある知育玩具レゴのレゴラボを創立。 世界でも有名なロボット工学の研究者である同氏は、ロボット工学の遊びの側面を活かし、世界中の人々が抱えている問題に新たな解決点を見出し本製品の開発を行いました。

デンマークでの実績
デンマークは世界最高水準の福祉国家と言われています。日本と同様に高齢化の進むこの国では、高齢者アクティビティセンター、介護施設やリハビリセンターなどでモトタイルが導入され、高齢者のバランス機能、筋力、柔軟性、敏捷性の改善が見られたという報告がされています。

デンマーク大使がモトタイルをつかってみた

導入事例

プロジェクトストーリー

パンフレット

[moto tiles] 楽しくカラダを動かして、脳の活動を活発に

福祉大国デンマーク発「考える+運動する」テクノロジータイル“モトタイル”

デンマークで開発されたモトタイルは、ロボット工学と遊びが融合した、運動タイルです。
LEDライトが組み込まれた10枚のタイルをタブレットで操作し、様々なプログラムに応じた運動が行えます。
「考える+運動する」といった、デュアルタスク(二重課題)能力の向上やバランス能力・筋力といった転倒予防に必要な能力向上運動を、ゲーム感覚で楽しくできることで無理なく継続することができます。

BZ2100
Moto tiles(モトタイル)
本体価格 ¥785,000+税/式

パネルサイズ:
幅300×長さ300×厚さ12mm/1枚
重量 500g/1枚
耐荷重 150kg
素材 PVC
再充電リチウム充電器 20時間連続使用可能

タイル10枚・充電器・タブレット 付き
ソフトウェア:デンマーク製
ハードウェア:中国製

モトタイルの特長

誰でも楽しみながらエクササイズ

ロボット工学と遊びが融合したモトタイルは、並べたタイルのライトの点灯に合わせながら、タイルを踏んでライトを消したり、タイルを踏んで音を鳴らすなど、だれでも簡単にゲーム感覚で楽しみながら運動が行えます。
製品に付属されているタブレットに入っている運動アプリ『モトアプリ』のプログラム数は豊富で、今後も追加されていく予定です。
パネルの配置によって、運動量に変化を加えることもできることから、幅広い年齢の方にお使いいただけます。

デュアルタスクエクササイズ

「モトタイル」を使ったエクササイズは、頭で考え身体を動かすという、2つのことを同時に行う必要があります。この、「モトタイル」を使用したデュアルタスクエクササイズ前後に、認知課題を健常な高齢者(62~80歳の男女22名)に実施したところ、エクササイズ後には、空間認知力と判断力に関連する認知課題の正答率が上昇することが分かった。
つまり、「Moto tiles(モトタイル)」を使用したエクササイズにより、場所を把握する能力や異なる色を見分ける能力などの認知機能が短期的に向上することを示しており、さらにエクササイズを継続して行うことで認知機能の向上が期待されるのです。

ブレインサイエンスマーク取得済み
※ブレインサイエンスマークについて
 →詳細はこちら
  ※日立テクノロジーズのページにリンクします

エクササイズ結果の測定評価

エクササイズ結果は、タブレットに自動的に記録されるため、利用者がエクササイズ終了後に記録を取る必要もありません。データは毎回蓄積されるので、前回と比べてどうだったかなど、利用者のモチベーション維持にも効果を発揮します。

モトタイルの開発について

開発者のご紹介
モトタイルはデンマークのHenrik Hautop Lund(ヘンリック ハウトップ ルンド)氏によって開発されました。
デンマーク工科大学プレイウェア・センター創設者でありセンター長。日本でもなじみのある知育玩具レゴのレゴラボを創立。 世界でも有名なロボット工学の研究者である同氏は、ロボット工学の遊びの側面を活かし、世界中の人々が抱えている問題に新たな解決点を見出し本製品の開発を行いました。

デンマークでの実績
デンマークは世界最高水準の福祉国家と言われています。日本と同様に高齢化の進むこの国では、高齢者アクティビティセンター、介護施設やリハビリセンターなどでモトタイルが導入され、高齢者のバランス機能、筋力、柔軟性、敏捷性の改善が見られたという報告がされています。

デンマーク大使がモトタイルをつかってみた

導入事例

プロジェクトストーリー

パンフレット

PICKUP ピックアップ製品
コアトレチェア
トランクソリューション 姿勢を矯正し、体感能力を向上させる
スープリュームビジョン ビジョントレーニングで「スポーツの目」をつくる
製品やサービスに関するお問い合せはこちら 修理に関するお問い合わせはこちら