事業紹介

BUSINESS

PFI・指定管理者制度における企画運営のサポート PFI

近年、多くの公共施設において民間のノウハウを取り込んだ「PPP(パブリックプライベートパートナーシップ」が取り入れられています。
施設の建設から管理主体の範囲が民間事業者まで拡大されることで、より良い住民サービスとさらなる建設・運営コストの抑制が行なえるため、新設の総合型スポーツ施設をはじめ、多くの公共施設においてこの「PPP(パブリックプライベートパートナーシップ」が取り入れられています。

体育施設備品全体を取り揃えサポートできるセノーでは、どのようなご要望にも対応が可能です。
セノーでは施設管理者を目指す財団法人からPFIに参加する民間企業まで数多くのサポートを行なっており、実績はもちろんのこと専門的なノウハウも蓄積をしています。

各種器具の選定・設計サポート

新規設計のPFI事業の場合、ご計画の体育館に必要な体育器具を選定し、建築図面への落とし込みをおこないます。

備品台帳のチェック

指定管理更新などの既存施設の場合、納入されている機器・備品がそのまま可能かなどの判断を行ないます。(長寿命化計画)

施設設計

施設の用途や利用人数等に合わせて器具、備品の選定を行ないます。
収納時の器具倉庫のレイアウトやトレーニングルームのマシン選定、ゾーニングまでサポートを行ないます。

運営企画

自主事業などの提案を含め、運動プログラムの作成、コンセプトづくり、運営企画までトータルでサポートを行ないます。

保守・メンテナンス

安心して使用できるスポーツ環境の為に、優れた点検技術を誇るプロフェッショナルによる保守・メンテナンスを行ないます。

保守点検ページ

製品やサービスに関するお問い合せはこちら 修理に関するお問い合わせはこちら