• Web製品カタログ
  • ENGLISH

ソリューション

2010年2月

Future of Fitness

その他
2010年2月26日

みなさんこんにちわ。

ここ最近春を感じさせる日々が続いておりますね。

セノーはおかげさまで、年度末には官公庁のお客様への納品が多く、フル活動です。

ありがたいかぎりです。

さて、当社ではフィットネスマシンを製造販売しているのですが、皆さん今後フィットネスはどのような発展をすると思いますか?

例えば30年後。2040年。今年で私は30歳になるので、自分が60歳になった時。

私が社会人になった時には、既に仕事の大半は会社で机に座って一日中パソコンとにらめっこ。皆さんも社会人になってからの大半は毎日パソコンを使っているのではないでしょうか?

社会人になってから定年するまで40年くらい、毎日パソコンとにらめっこしていたらどうなるでしょうか・・・

もしかしたら、将来は50歳代で寝たきりになってしまう人もたくさん出てしまうのでは・・・・

そんな事を考えてしまいます。

そうなると当社の行なっている健康増進・フィットネス事業はそんな社会にとって非常に重要な役割を今後果たさなければならないと感じています。

そんな今後のフィットネスを考える上で、アメリカのグループエクササイズを提供しているレスミルズと言う団体が示唆に富む白書を書き上げています。

その名も「Future of Fitness」

PDFでダウンロードできるので、是非ご興味のある方はダウンロードして読んでみてください。
http://futureoffitnesswhitepaper.ning.com/

ちなみにもちろん全て英語なので・・読むのになかなか骨が折れます。

今後のフィットネスはニーズがより細分化され、低所得者向けのフィットネス。肥満などの病気の人に向けたフィットネス。より娯楽性の高い楽しみの要素の高いフィットネス。などが登場してくるのでは等々。

そういった将来予想について、様々な検討がなされています。

 日本ではフィットネス参加人口は3%といわれています。非常に少ないという印象を受けると思います。しかしながらこれはフィットネスクラブに参加している人のみの数値なので、公共の体育施設で運動している人、近所でウォーキング、ジョギングしている人、家で健康体操をしている人などを入れると実はもっとたくさんの人が運動しているのです。

 よって、日本のフィットネスクラブと国や地域がより協力して、国全体としてスポーツをする人を応援し、高齢化社会ではあるが、医療費も少なく元気な国にしていくことが大切なのだと私は思っています。

 民間ではなかなか体育館などの施設を建築するのは難しいですが、地域には必ずそういう施設はあります。よってフィットネスクラブやそういった施設を拠点とし、ジム、スタジオ、プールがメインのフィットネスクラブの枠組みを超えて、体育館やグラウンドなども活用し、より幅広いスポーツに親しむ事ができるよう、互いに上手く利用し合えるような環境づくりができれば素晴らしいと思います。

 また、学校教育における、体育ではない、楽しむスポーツ。健康のためのスポーツをもっと取り入れていく。

 だいぶ話が大きくなってしまいましたが・・・

 将来そんな日本になればいいなぁとふと考えました。

私も未だ読み始めたばかりですが、こう言った情報を参考に、セノーは日本の皆様にあったフィットネスを今後も提供して参りたいと思います。

平成22年2月22日

その他
2010年2月22日

皆さんこんばんわ。

今日は平成22年2月22日と言う事で、ゾロ目の日ですね。

各鉄道会社では画像のような記念切符を発行しているのですね。

郵便局でもゾロメのスタンプを押してもらおうと言う人が窓口に殺到したそうです。

こういう日を上手くビジネスにつなげたりできると面白いですね。

11月11日はポッキープリッツの日と言うように、上手く仕掛ければその日だけでも他の日より売上げ増加が見込めますね。

もちろん私たちも普通の日々にちょっとしたイベントとしてスパイスを加える事ができると考えれば、良いアイデアだと思います。

 セノーの日・・・・上手く思い浮かびません。残念ですが。

 スーパーでも22%OFFとかしているのでしょうか?帰りに覗いてみようかな。

 マーケティング担当としては、こういった皆さんの心くすぐるアイデアを大切にしたいと思います。
 
 次のゾロ目は平成33年3月3日ですかね?

 それでは皆さん平成22年2月22日を楽しんでください。

冬季オリンピック

その他
2010年2月16日

みなさんこんにちは。小学生の高学年まで、自分がスキーでオリンピックに出場すると本気で思っていた今日のブログ担当者です。

スピードスケート500mで長島選手と加藤選手が銀メダルと銅メダルを見事獲得しましたね!!おめでとうございます!!
セノー企画部では、昼休みにみんなでyahoo速報を凝視していました。TVが見れればよかったのですが...。

ウィンタースポーツ愛好家の私としては、冬季オリンピックが夏季オリンピックに比べて人気がないのが少し残念です...。
そんな私の注目の競技は...バンクーバーで初めて実施される新種目『スキークロス』です!
この「スキークロス」は、全長約1㎞のジャンプやバンクといった起伏のあるコースを複数の選手が同時に滑り、早さを競うごくシンプルな競技です。
しかしっっ!選手同士の駆け引きが激しく、転倒などの可能性も高いため、雪上の格闘技ともいわれる競技でもあるんです。

この『スキークロス』は2月22日、24日の明け方に行われるので、是非チェックしてみてください。
















スポーツと愛国心

その他
2010年2月15日

 みなさんこんにちわ。

 ついにバンクーバーオリンピックが開幕しましたね。
 
 モーグル女子の上村愛子選手が4位と表彰台まであと一歩のところで悔し涙を流すなど、なかなかメダルに手が届きませんが、まだまだ全体としては序盤なので代表の人たちに頑張って欲しいです。 

 さて、話は急に変わりますが、皆さん愛国心ってお持ちでしょうか?

 と言ってもあまりよく分かりませんよね。
 
 私自身そうです。 

 普段私たちは日本国民であることをそんなに強く意識していませんが、何故かスポーツの大きな大会。例えばオリンピックやサッカーのワールドカップなどでは、日本頑張れ!と日本中が心の底から日本選手を応援しています。 

 そうです。 

 スポーツは普段我々が意識していない日本国民であるという意識を強烈に呼び起こし、自分達は日本人なんだと強く思います。また、日本全体が日本代表を応援するムードになります。

 人間のたゆまぬ努力の結果である競技スポーツの最高峰は言葉を超え、人々に感動を与え、自分の国を心から誇らしく思うことができるのです。
 
 そんなスポーツは芸術や音楽と同様にまさに文化であると思います。 

 セノーの海外営業部の部長が朝の一分間スピーチでスポーツは文化だ!と熱く語った時に私もまさにそうだと思いました。

 皆さん、スポーツを通じて日本と言う国を愛するとともに全力でオリンピック日本代表を応援しましょう!

 頑張れ!ニッポン! 

 

2010年度総合カタログ訂正表

トピックス
2010年2月15日

 2010年度総合カタログに添付PDFのとおり訂正がございました。皆様にお詫び申し上げるとともに、内容のご確認をお願いいたします。
 
 お手数ではございますが、印刷して総合カタログとともに保管頂ければ幸いです。
 
 

 

KSCWellness 3月4日グランドオープン

トピックス
2010年2月 8日

 みなさんこんにちわ。 

 先日のブログでもご紹介したのですが、金町駅から徒歩6分の場所の旧金町スイミングさんの場所にKSCwellnessが3月4日にグランドオープンします。

参考URL:http://www.kscwellness.com/

今WEB入会すると、入会金無料などの5大特典がついていますし、月会費もこの充実した施設にしては非常にリーズナブルです。是非皆さん入会して下さい。
 
 先日、このクラブ様に納品したマシンの取扱い説明に伺ってきたのですが、設備が非常に充実していて、とてもきれいで使いやすく、素晴らしいクラブです。

 そして何よりも・・・・セノーのFUNASIS、LUXOR、ラボードLX、LXEと言った中心ラインナップが入っています。
ちなみにこの写真に写っているのがFUNASISです。

 是非、セノーのマシンを体験してみてくださいね。

 私たちはいろんなマシンを使っているからこそ分かると言うのもあるのですが、セノーのマシンは本当に使いやすいです。
 
 そして何よりも私たち日本人の体格にフィットします。

 機会があれば是非一度伺ってみてください。スタッフの方々も非常に親切かつ専門的な知識を持っているので安心して初心者から上級者まで通っていただけると思いますよ。

KSCwellness金町スイミング

その他
2010年2月 4日

みなさんおはようございます。

今日はいつもの男の方です。

今日はちょっと皆さんにお知らせを兼ねてのブログです。

金町駅前にあるフィットネスクラブ金町スイミングさんが、周辺部のマンション開発等に伴い、大々的にフィットネスクラブをリニューアルします。その名も「KSCwellness」

お洒落ですね。

http://www.kscwellness.com/

 3月4日がグランドオープンで、今なら入会金、事務手数料が無料な上に、WEB入会なら高機能体組成測定機での測定サービスや、一回無料券などがついています。

 そんな素敵な施設に実は、当社のFUNASISとラボードLXEの新製品をはじめ、ルクソールやラボードLXも納入していただいております。

 こんな新設の施設に入れて頂いてうれしい限りです。

 実は納品作業が真っ盛りで、明日納品が完了いたします。
 
 そこで、私の役割としては、納品したマシンの取扱い方法を説明しに行くのです。

 こういう場面での対応も実は今後の営業活動につながるので、全力で取り組まなければなりません。

 それに・・・・・もう一つ重要な点が

 このマシンではここが効果的にトレーニングできます。このポジションが正しい位置です。などと説明する際に、私たちの体型がある程度鍛えている体型をしていないと、説得力がありません・・・・・

 本当にこのマシン効果的なの?とか思われてしまったらとても勿体無いので、普段からある程度鍛えておかないといけませんね。

 プロ意識ですね。

 フィットネスマシンを販売している以上、プロ意識を持ってこれからも頑張りたいと思います。

 三十路が目前に迫ってきましたが、セノーのマシンを使っているので、体型も変わりません!と言えるようにこれからも頑張って行きたいです。

 また、納品の様子や施設の写真等後日報告したいと思います。

ボディリペア 新機種3月8日発売予定

新情報
2010年2月 2日

 「有酸素マシン」と「筋力トレーニングマシン」と言う2つのカテゴリしか無かったトレーニングジム。

 そこに「コンディショニングマシン」と言う新たなカテゴリを創出した革新的トレーニングマシン「ボディリペア」に「クロスコアリンク」、「ロウリンク」が新登場!

 「クロスコアリンク」は、膝立ちの状態でシートに立ち、3次元の8の字動作を行なう事で、骨盤周辺の深層筋群に効果的に刺激を与える事ができます。
 
 これは、シートが左右に回転するとともに、左右に傾斜する3次元の動きを可能にした事によりこの動作を実現しました。

 シートの動作全体に電磁負荷をかけることができるため、今までに無い効果を得る事ができます。
 
 骨盤は全ての動作に重要な役割を果たしており、日常生活動作の維持・向上と共に、スポーツのパフォーマンス向上やウエストシェイプに効果絶大です。

 「ロウリンク」は舟をこぐ動作を基本としたマシンです。
 
 腕を曲げて舟をこぐように使用すると、大胸筋、背筋群を鍛える事が可能となり、腕を伸ばした状態で使用すると、腹直筋及び脊柱起立筋などの深層筋を鍛える事ができるようになります。

 通常のロウイングマシンですと、引く動作の時は負荷がかかりますが、戻すときは負荷がかかりません。しかし、ボディリペアは電磁負荷方式を採用しているため、引くときと戻す時の両方に負荷をかけることが可能となるため、2倍の効果を得る事ができます。

 しかもこの「ロウリンク」、やってみて頂ければ分かるのですが、なんとも言えぬ心地よい運動なのです。

 体幹部分のコンディショニングを重視した新2機種が加わり、全8機種となるボディリペア。全8機種で全身バランスよくコンディショニングを行なう事ができるようになりました!

 皆さんのジムエリアにボディリペアを加えて全身のコンディショニングを行なう事ができる新しいジムエリアに革新してみませんか?

ラボードLXE好評発売中

新情報
2010年2月 2日

 当社のトレッドミル「ラボード」シリーズに、機能を厳選しコストパフォーマンスを重視したNEWモデル「ラボードLXE」が追加され、好評発売中です。

 もちろんラボードの特長でもある、走り心地や走行性能はラボードLXと同じで、機能をより基本的なものに絞る事でこのコストパフォーマンスを実現しました。

 セノーはこれからも日本のフィットネス事情を考慮し、必要とされるマシンを提供して参ります。


 

通勤時間の過ごし方

その他
2010年2月 2日

はじめまして。みなさんこんにちは。

今日のブログ担当はいつもの男性ではありません...。

私、人生で初めてブログを書くのですが、パソコンに向かっていろいろ思いを巡らせると、書く前に少し照れくさい気持ちになってくるものなのですね。

さて、いきなりですが、皆さんは通勤時間に何をしていますか?

私は、通勤に1時間以上かかるのですが、本を読む・音楽を聴く・寝る これ以外にする事って意外とないんです...。
何かこんな事している!!という方がいれば、ぜひ、twitter SenohCorpにコメントをお願いします!!

ちなみに私が今読んでいる本は、『ニッポン社会入門』という本です。来日14年目のイギリス人から見た日本社会...結構面白いです。

ちなみに、この本の作者お気に入りの日本語ベスト3はこちら

3位『勝負パンツ』
2位『上目遣い』
1位『おニュー』

おニューって最近あまり使わないですね...でも、新しいものに対するドキドキわくわく感が『おニュー』って言葉では表現できるですよね...。不思議な言葉です...。

新しいHPでは、皆さんを"ドキドキわくわく"させる事が出来る...『おニュー』のようなコンテンツを発信してゆきたいと思っていますので、どうぞよろしくおねがいします!!

« 前の月へ 次の月へ »

ページトップへ