スポーツと健康の未来を創る

2018年度 採用サイト│Senoh - セノー株式会社募集要項

プロジェクトストーリー04

逆上がり練習器

運動嫌いな子供を増やしたくない。ある大学教員の思いに共感したセノーは、
これまでにない逆上がり練習器を
製品として生み出すために動きだす。
多くのスタッフの強い思いが重なり合う。
セノーがやらなくてはならない仕事がある。
逆上がり練習器
マーケティング
逆上がり練習器

新しい取り組みへのきっかけとして

そこでは大人たちが真剣に鉄棒やマット運動の指導を受けていた。千葉県習志野市の小学校教員向けに開催された体育科公開研究会に視察に来たマーケティング部の矢吹は、言葉で説明することと指示されたとおりに体を動かすことの難しさを目の当たりにしていた。

お手製の逆上がり練習器を使って、富山大学の佐伯准教授が逆上がりの指導法を講習しているところを記録撮影した。体に回転力を覚えさせるその器具は、矢吹から見ても目から鱗だった。この記録映像が開発部門と営業部門で共有され、程なくして逆上がり練習器の製品化プロジェクトが発足した。

マーケティングが関わる製品開発

逆上がり練習器は当初は大人向けのサイズのみで開発が進んでいた。実際の市場や用途を考えれば子供用のサイズは必須であった。矢吹は夏休みの時期を利用して試作の段階で少し運動が苦手な小学生に体験してもらう機会を設けた。目的はサイズ感の確認であったが、実際にこの器具を使う子どもたちがどのような反応するかも知りたかった。

初めは補助器具をつけても逆上がりができなかった消極的な子供たちが、しばらく練習することでコツをつかんでいく。「これはどこで買えるのか」「借りていくことはできないのか」と、子供たちが名残惜しそうに訴える姿に手応えを感じる。自発的に「もっと練習したい」と真剣になっていく姿に矢吹は心を打たれた。

「この製品は小さな夢を叶えることができる」矢吹はこの逆上がり練習器の魅力に引き込まれていった。それはセノーが世に出さなければならない製品であるという決意でもあった。

マーケティングに携わる者だからわかることがある。
例えばデザイン。一般販売も考慮して親しみやすいカラーリングを開発陣と意見交換し、誰でも簡単に使えるようにサイズを調整する部材についても注文をつけた。

発売に向けてのプロモーション準備

この器具ほど「使ってもらわなければわからない」ものはない。まずは親会社であるミズノと連携して、スポーツ教室に導入してもらえるように取り組むことから始めていくつもりだ。メディアに取り上げてもらえるように、製品リリースの原稿にも力が入る。大人も使える点に着目すれば、「お父さん逆上がり教室」などのイベントも行える。親子で逆上がりを練習するそんな場もつくっていきたい。

ほんの少しコツをつかむことができれば逆上がりは習得できる。その「ほんの少しのコツ」を掴みやすくするのがこの逆上がり練習器である。矢吹は自らが開発にも関わったこの製品を少しでも多くの方に使っていただけるようにプロモーションを企画している。開発から受け取ったバトンをマーケティングがつなぐのだ。

これがセノーの逆上がり練習器!

練習してもなかなかできなかった僕が・・・

やった!体の動かし方がわかったぞ!