スポーツと健康の未来を創る

2018年度 採用サイト│Senoh - セノー株式会社募集要項

プロジェクトストーリー01

耐震化ユニット

東日本大震災後、東北にある小中学校の体育館の多くが避難所となった。
天井から吊り下げられたバスケットゴールが落ちてくるのではないか、
という声から耐震化ユニットは生まれた。
それぞれの立場から耐震化ユニットの商品化にかけたセノーの思いの物語。
耐震化ユニット
営業
耐震化ユニット

人と人とのつながりが実を結ぶセノーの仕事

学生時代からスポーツに関わる仕事がしたいと考えていた。国際大会にも採用されているスポーツ器具を多く製造しているセノーに就職し、施設や設備にも関わるようになった。納品先の要望に応えること、製造現場のスケジュールを調整すること、工事現場で柔軟に対応していくこと、営業という仕事は結局のところ、人と人との熱意のぶつかり合いが全てなのだ。

東日本大震災以降、自分が担当している四国エリアでも耐震化や災害対策は積極的に問い合わせがあった。普段から接している体育館が避難所になることは理解していた。東北にメンテナンスに行った社員から「吊り下げ式のバスケットゴールが揺れて怖い」、という話を聞いた時、自分たちがなんとかしなければ、と思った。スポーツ器具メーカーであるセノーは何ができるだろう。思い悩み始めていたとき、重点施策となった耐震化ユニットの存在を知った。

製品に自信を持てること

重点施策である耐震化ユニットの営業することになった際、一つの狙いがあった。東日本大震災を教訓に、四国の行政では南海トラフ地震対策が積極的に考えられていたのだ。セノーだからこそできる地震対策。学校体育館や公共施設を中心に、耐震化ユニットの有効性を伝えていく営業スタイルを続けた。そして、高知県のある中学校で採用が決まった。

設置納品に立ち会い、現場で取り付けられたものを確認した。試験室ではない、実際の現場で取り付けられた耐震化ユニット。吊り下げ式バスケットゴールを揺らしてみた。今までより全く揺れていない。自分でも強すぎるくらいの力をかけて揺らしてみた。これまでとは違い、揺れが格段に制御されていることがすぐにわかった。全く揺れないわけではないが、このくらいなら天井を見上げて恐怖を感じることはない。お客様にも耐震化ユニットの実力を実感いただくことができた。

自分は設計にも開発にも関わってはいない。だからこそ客観的にこの製品のすごさを実感することができた。高橋はセノーの営業として自信を持って言える。「スポーツ器具に関わることならセノーに任せてください」