スポーツと健康の未来を創る

2018年度 採用サイト│Senoh - セノー株式会社募集要項

プロジェクトストーリー01

耐震化ユニット

東日本大震災後、東北にある小中学校の体育館の多くが避難所となった。
天井から吊り下げられたバスケットゴールが落ちてくるのではないか、
という声から耐震化ユニットは生まれた。
それぞれの立場から耐震化ユニットの商品化にかけたセノーの思いの物語。
耐震化ユニット
メンテナンス
耐震化ユニット

本当に安心してもらえるために必要なものは何なのか

東日本大震災後、中山は小中学校の体育館器具の点検に周っていた。被災地域の小中学校の吊り下げ式のバスケットゴールが外れていたり、落下の危険がないかを点検するためだ。

仙台で中山が目にしたのは、避難所となった体育館だった。たくさんの方が布団を敷いてうずくまっている光景に震災の恐ろしさをあらためて実感した。普段より気を遣いながらバスケットゴールのメンテナンスを終えた中山に、避難者の一人が言った。「夜、天井を見上げるとバスケットゴールが揺れていて怖いんだよね」中山は戦慄を覚えた。もしこれが落下したら、とんでもない事故になる。

自分たちがやっているメンテナンスだけでは避難者の方の不安を取り除くことはできない。しかし、セノーという会社であれば、自分たちの仲間ならこの問題を解決できることができるはずだ。中山は社内プロジェクトの必要性を説いた。吊り下げ式バスケットゴールの耐震化ユニットの開発は、こうした現場の声から始まった。

開発側のコンセプト、メンテナンス側の意見

試作品を見たとき、素直に驚いた。「これはすごい・・・、これなら落ちない!」と強い自信を感じた。コンセプトを実現させたセノーの開発スタッフの底力に感服した。

しかし、メンテナンス部門として気になる部分はあった。試作品ではパーツが多く、全体的に重量があったのだ。吊り下げ式のバスケットゴールはパーツが増えることで天井への負荷が大きくなってしまう。開発側の真剣な気持ちは十分に理解できた。だからこそ、長く使っていただくために、より安全に安心して使っていただくために、メンテナンス性も大切な要素であることを真摯に伝え続けた。現場にいる人間だからこそ言えることがあるのだ。

メンテナンスという仕事の醍醐味

放課後の中学校にバスケットゴールを修理しに行くと、生徒達が一列に並んで「ありがとうございます!」と言ってくれる。この子たちがどれほど自分が来るのを待っていてくれたのかと思うと、必要とされていることを実感する。スポーツ器具は裏方の存在かもしれない。しかし、器具が正しく設置されていなければ試合も練習もできない。メンテナンスという仕事を通じて、スポーツの現場と携わり続けることができる自分の仕事に中山は誇りを持っている。