スポーツと健康の未来を創る

2018年度 採用サイト│Senoh - セノー株式会社募集要項

プロジェクトストーリー04

逆上がり練習器

運動嫌いな子供を増やしたくない。ある大学教員の思いに共感したセノーは、
これまでにない逆上がり練習器を
製品として生み出すために動きだす。
多くのスタッフの強い思いが重なり合う。
セノーがやらなくてはならない仕事がある。
逆上がり練習器
営業
逆上がり練習器

セノーの新しい挑戦

富山大学の佐伯准教授の研究室を訪れた時、セノーの中川は静かに驚いた。そこには独自の理論に基づいたオリジナルの体育補助器具が所狭しと並んでいた。教師を目指す学生のために考案されたそれらの器具は、運動理論に基づいて設計されており、実際に使ってみると体の動かし方を直感的に理解することができるものだった。

その中で実際に小学校の教員向けの体育講習で、現役の教師の方が試しているところを目にしたのが、逆上がり練習器との出会いだった。教える側の教師がうまく教えられないことの一つが逆上がりだという。「これはセノーが製品化すべきものではないだろうか」すでに佐伯准教授によって特許が申請されていたこの補助器具をセノーで製品化するために中川は社内の調整に走った。

「セノーだからできることがある」セノーとの共同開発という形で製品化プロジェクトがスタートした。競技用の体育器具や施設向けのトレーニングマシンが主力製品であるセノーにとって、初の個人向けの製品開発である。

佐伯型「逆上がり練習器」の特長、製品化に向けての課題

従来、逆上がり練習器といえば駆け上がり式のものが主流だった。逆上がりは円運動なので回転力が必要なのだ。佐伯型「逆上がり練習器」ではこの「体の回転力」を重視し、鉄棒から体ができるだけ密着できるように考えられていた。鉄棒に器具が付いているので必ず回転力が得られる構造になっている。体の動かし方が感覚的に理解できるこの補助器具は非常に理にかなった器具なのだ。

実際に製品化を目指すとなれば様々な体格の方が使えなければならない。小学生から大人まで使うことを想定し、製品としての安全性、メンテナンス性を考慮すると、様々な改良が必要となった。試作品ができるたびに佐伯准教授に来社いただき、セノーの開発陣と活発な意見交換が行われた。

たかが逆上がり、ではない

この佐伯型「逆上がり練習器」はもともとは教員を目指す学生のために開発されたものだ。しかし、実際に逆上がりの練習をするのは小学生の子供たちである。体育の授業で必ず行われる逆上がり。練習したけどできなかった、という事実が子供たちが運動嫌いになるきっかけになるかもしれない。苦手意識をもってしまうかもしれない。

しかし、努力してできるようになれば満足感と達成感を味わうことができる。子供達の笑顔を一つ増やすことができる。逆上がり練習器はまさにその象徴なのだ。たかが逆上がり、されど逆上がり、なのだ。

中川は「セノーだからできること」をあらためて感じている。

セノーの逆上がり練習器は2016年夏に、いよいよ発売の日を迎える。

これがセノーの逆上がり練習器!

練習してもなかなかできなかった僕が・・・

やった!体の動かし方がわかったぞ!