• Web製品カタログ
  • ENGLISH

お客様への重要なお知らせ

《重要》標準使用期間を途過した製品の修理等について

2016年09月01日
セノー株式会社

 

平素は、弊社製品をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

弊社が定める標準使用期間を途過した製品につきまして、下記の通りご案内差し上げますので、宜しくご確認の程お願い申し上げます。

 

(1)標準耐用年数について

財団法人日本体育施設協会は「事故防止の為のスポーツ器具の正しい使い方と安全点検の手引き」にて製品毎に標準耐用年数を設定しております。標準耐用年数とは、初期の器具特性が保持できなくなり、各部分の劣化が進行して器具に起因する事故の確率が高くなる分岐点をいいます。

 

(2)標準使用期間について

上記の標準耐用年数を過ぎた場合でも、保守点検や修理等により製品を継続してご利用頂くこともできますが、繰り返しの使用や時間の経過とともに基本部材等に不可避の劣化が生じ得ます。

そのため、保守点検や修理をしたとしても、ボルトの経年劣化による疲労破断等の目視では確認できない事象や修理箇所以外の劣化・破損等によって事故が発生する危険がございます。そこで、弊社は経年劣化した製品の継続使用による事故を防ぐため、製品毎に標準使用期間を設定し、当該期間を途過した製品につきましてはお買換えをおすすめしております。なお、標準使用期間とは、部品個々の交換の実施や定期点検を含むメンテナンスを実施することにより使用可能な期間をいいます。

 

(3)標準使用期間を途過した製品の修理等について

上記の通り、保守点検や修理を致しましても、目視では確認できない事象や修理箇所以外の劣化・破損等による事故の危険性まで確実に回避できるとは必ずしもいえないため、修理等の瑕疵担保や保証等は致しかねますし、また機能部品の入手が不可能な場合等ご要望にお応えできない場合もございますので、お買換えをご検討頂けますと幸いです。

 

詳細(標準耐用年数・標準使用期間)は以下のPDFファイルをご参照ください。

 対象製品一覧(標準耐用年数・標準使用期間).pdf

  • 逆上がり練習器プロジェクトストーリー
  • Mizuno
  • Senoh WEB版2016製品カタログ
  • 製品のご購入を検討の方
  • ベルマーク商品のご購入について
  • 採用情報

ページトップへ