• Web製品カタログ
  • ENGLISH

インフォメーション

国際バレーボール連盟(FIVB)と共同開発した「ボールトランスポートシステム」が採用されました

2016年10月18日
セノー株式会社

国際バレーボール連盟(FIVB)と共同開発した「ボールトランスポートシステム」が2016FIVB世界クラブ女子選手権(10/18~10/23開催)にて採用されました。

これまで、バレーボールの試合中、コート隅に配置されたボールボーイがボールを転がしてボールの収集作業をしていましたが、コントロールミスで意図したところにボールが転がらない等の人的ミスが起こることがありました。また、広告ボードの前をボールが行き来するため、不格好との意見(スポンサーロゴの視認性向上の問題等)があり「ボールトランスポートシステム」を共同開発する経緯となりました。
※「ボールトランスポートシステム」の販売については未定

【「ボールトランスポートシステム」配置図及び製品】

配置図.pngボールシステム2.png

  • 逆上がり練習器プロジェクトストーリー
  • Mizuno
  • Senoh WEB版2016製品カタログ
  • 製品のご購入を検討の方
  • ベルマーク商品のご購入について
  • 採用情報

ページトップへ